服薬ケア研究所ロゴ

書籍販売窓口

このたび服薬ケア研究所では書籍・小冊子の販売をいたしております。

これから順次販売書籍を増やしていきます。どうぞご利用ください。


服薬ケア研究所正面玄関へ戻る

【服薬ケア研究所の本】

1.薬剤師って何する人?A5版、本文36ページ、定価700円(税別)
2.調剤過誤防止のためにA5版、本文36ページ、定価700円(税別)
3.服薬ケアの基礎B5版、本文42ページ、定価1000円(税別)
4.新POSファーストガイドB5版、本文52ページ、定価1260円(税別)
5.SOAP遊びをやってみよう!B5版、本文33ページ、定価1000円(税別)在庫切れ→「SOAPバーフェクト・トレーニング」をお求めください。
6.SOAPで薬歴を書こう!B5版、本文49ページ、定価1260円(税別)
7.新・服薬ケア概論エッセンシャルズA4版、本文89ページ、定価5,000円(税別)

【お申込み】

【その他の出版社の本】

1.薬局薬剤師のPOS
2.薬局薬剤師の患者応対
3.患者応対技術の実践法
4.今度こそモノにする薬剤師のPOS
5.SOAPパーフェクト・トレーニング
6.SOAPパーフェクト・トレーニングPart2
7.患者応対技術と服薬ケアコミュニケーション

【服薬ケア研究所の本】

1.薬剤師って何する人?A5版、本文36ページ、定価700円(税別)

目次に戻る


 この小冊子は主にこれから薬剤師として世に出ようという若者向けに、その心構えなどを書いた小文です。もともとは大学や企業などへの、一括提供を年頭に作成した小冊子です。
 ところが作成直後から反響を呼び、結局一般販売もすることになりました。内容的にはすべての薬剤師の方に、もう一度自分の心を見つめなおすためのきっかけとして手にしていただきたいものになっています。ぜひ、病院、薬局、薬店、ドラッグなど、の立場に関わりなく、患者さんと接する薬剤師の方すべてに読んでいただきたいと思います。ぜひご一読いただき、我が身を振り返る一助にご活用ください。
 なお職員、従業員教育にご利用いただくのに最適です。従業員全員、もしくは新入薬剤師全員に配布するために、大量にご購入をご希望の場合は、割引させていただきますので、別途ご相談ください。

〔目次〕
1.始めに

1. 薬剤師の世界
(1) 薬剤師の活躍する場はとても広い/(2) 薬の専門家としての薬剤師/(3) 科学者と医療者の二面性/(4) 薬物治療の専門家として
2. 医療者としての規範
(1) 薬剤師である前に社会人として 一人前であれ/(2) 自分自身のQOLに責任を持てない者に、他人のプライバシーに口を挟む資格はない/(3) 多様な価値観の共有/(4) 医療は愛である
2.医療現場での薬剤師の役割
1. 病院薬剤師と薬局薬剤師
(1) ファーマシューティカルケア/(2) 病院薬剤師と薬局薬剤師の連携
2. 国民のニーズの多様化に即して
(1) ドラッグストアーの定着/(2) もっと広がる薬剤師の役割
3.一つ上の自分を目指して
1. 薬剤師として働く
(1) 薬剤師手当ては「薬剤師免許証」という紙切れに支払われるのではない/(2) 自分の実力は自分の責任で磨くこと/(3) 勉強のための本は自分で買うべし/(4) 漫然と業務にあたるなかれ
2. 人格を研く
(1) 読書のすすめ

お申込みはこちらから

2.調剤過誤防止のためにA5版、本文36ページ、定価700円(税別)

目次に戻る


 この文章は以前の仕事先から「調剤過誤を減らすための対策として、具体的なハウツーものを文章にまとめて欲しい」と依頼されて書いたものです。
 その後も「非売品」扱いで、ごく限られた方にご利用いただいておりました。
 そんな方々から「ぜひ多くの方に読んでもらいたい。」と温かいお言葉をたくさんいただきましたので、今回かなり加筆して新しい小冊子として発売することにしました。
 内容はごくごくあたりまえのことばかりですが、結果的に薬剤師としての基本的な調剤のやり方をまとめたものになりました。
 それぞれの薬局で新人教育にあたり、あるいは自分自身の調剤技術の再確認の意味でも、ぜひこの小文をご活用いただければ幸いです。
 服薬ケアの基礎は、こんなあたりまえの作業がきちんとできることです。患者さんの心のケアを強調することが多いのは事実ですが、決して基礎的なことをおろそかにして良いわけではありませんし、それだけを服薬ケアと呼んでいるのでもありません。
 薬剤師として、トータルな実力がしっかりと備わってこそ、服薬ケアの実践者としてふさわしいのです。

〔目次〕
1 調剤過誤を考える
1-1. ミスは何故起こる

(1)ミスは誰にでも起こる/(2)ミスの起こさないために
1-2. プロの自覚
(1)プロの自覚が欠如した薬局/(2)自分の仕事に誇りを持て/(3)プロは教育して作り上げる/(4)先輩から後輩へ、良き伝統を復活させよ
1-3. システムで防ぐミス
(1)患者さんまで届くミスをゼロにせよ/(2)整理整頓
2 調剤過誤を起こさないために
2-1. 個人レベル
(1)すべての剤形に共通する基礎的事項/(2)錠剤、カプセル剤/(3)散剤/(4)水剤/(5)外用剤のmixなど
2-2. 薬局レベル
(1)ミスの発生率のスタッフ別計測/(2)所属長による個別指導/(3)責任の所在を常に明確にしたシステム設計
2-3. 会社レベル
(1)会社としての考え方を明確に提示せよ/(2)店長の教育が薬局チェーンのレベルを決める/(3)処罰と褒章をはっきりと行え

お申込みはこちらから

3.服薬ケアの基礎B5版、本文40ページ、定価1000円(税別)

目次に戻る


 この冊子は、「服薬ケアと窓口対応」の内容をさらに深め、大幅に書き足したものです。
 それにさらに服薬ケアの基礎をお教えする研修会のテキストとして使用していた文章を手直ししたものを加え、服薬ケアを解説する基本書として用意いたしました。したがって「服薬ケアと窓口対応」をご希望の方は、こちらの冊子をお求めいただければ、「服薬ケアと窓口対応」の内容はほとんど含まれております。
 すでに「服薬ケアと窓口対応」をお持ちの方は、服薬ケアの理論解説の部分は基本的に同内容ですが、(解説の文章は全く同じではありません)前半の服薬ケア全般の説明部分はこれまでになかったものなので、「服薬ケアについて少しも漏らさず学び尽くしたい」と言う方は、ぜひ新たにお求めください。
 今後「服薬ケアシリーズ」(仮称)を揃えていく予定ですが、その第一巻となる基礎的な内容と言えるでしょう。
 これから服薬ケアを学ぶ方は、先ず最初に必ず読んでいただきたい基本テキストです。

[目次]
1. なぜ今服薬ケアなのか
  (1) 現代医療の目的

1. 疾病構造の変化 /2. 医療の目的の変化 /3. “QOLとは何か?”を求めて/4. 薬剤師の役割〜服薬ケア〜
(2) 薬剤師の社会的認知
  1. 薬剤師は国民から必要とされているか/2. 真の意味でのチーム医療とは?/3. 薬剤師の医療を定着させるために
2. 服薬ケア理論 
(1) 服薬ケアとファーマシューティカルケア

  1. ファーマシューティカルケア/2. 服薬ケアとの違い
(2) 服薬ケアと患者応対
1. 服薬ケア/2. 患者応対 
(3) 薬識
1. 定義/2. 薬識を考える上での注意点/3. 薬識の重要性/4. 薬識の具体例
(4) 服薬ケアとは何か
1. 服薬ケアの3本柱/2. 服薬ケアの特徴/3. 服薬ケアの意義/4. 医療行為としての服薬ケア/5. 服薬ケア発展のために


お申込みはこちらから

4.新POSファーストガイドB5版、本文52ページ、定価1260円(税別)

目次に戻る


 POSをお教えするようになって何年か経ち、私自身のPOSに関する研究もさらに進み、また、POSの教授法もだいぶ進化してきたため、その新しい成果を含んだテキストを新しく提供することとなりました。
 タイトルは、平成12年に刊行し、昨年まで多くの方々に親しまれてきた冊子を引き継ぐ形として「新POSファーストガイド」としましたが、中身はすべて書き直しましたので、まったく新しいテキストです。
 POSを理解するにはクラスタリングを理解することが必須です。旧版では触れていなかったクラスタリングについてもかなり書き込みましたし、薬歴の形式については、図解入りで細かく解説を加えました。
 きっと、多くの薬局の薬歴の改善、ケアのレベルアップにお役に立てることと信じております。

〔目次〕
第1章 POSの基礎
1. POSとは何か

(1)POSの基本概念/(2)POSの3要素/(3)POSによる問題解決
2. プロブレムとSOAP
(1)プロブレム/(2)S/(3)O/(4)A/(5)P/(6)プロブレムリストの有用性
3. クラスタリング
(1)クラスタリングとは?/(2)クラスタリングがなぜ大切なのか(3)クラスタリングの広さ
4. 初期計画とオーディット
(1)服薬ケアプラン/(2)オーディット
第2章 POSの実践
1. POSを実践するにあたって

(1)薬剤師のプロブレム/(2)プロブレムはマイナスの問題点だけではない/(3)取り上げたプロブレム以外の情報はどこに書く?/(4)患者さんの反応を記録する
2. 成功するための注意点
(1)プロブレムは欲張らない/(2)患者さんの意識が他へ離れていったら、こちらもついていく/(3)生き生きとした記述のために
3. POSを導入するにあたって準備すべきこと
(1)薬歴の形式を整える/(2)薬局内のコンセンサス/(3)POSの考え方をスタッフ全員で学ぶ/(4)作業効率を高め仕事能力を向上させよ

お申込みはこちらから

5.SOAP遊びをやってみよう!B5版、本文33ページ、定価1000円(税別)

目次に戻る


 多くの方々から「薬歴をSOAPでうまく書けない」「何をどう書いたらいいのか分からない」というお話を伺います。
 なぜうまく書けないのか?一体、何をどこに、どのように書けばスッキリした薬歴になるのか?これらの問題の多くは“プロブレムをクラスタリングする”ことで殆ど解決します。
 では、“クラスタリング”とは一体なんでしょう?どうやったらクラスタリングができるのでしょうか?
 実はこれらを身につけるには「SOAP遊び」が非常に有効なのです。この「SOAP遊び」をやることで、クラスタリングの感覚が身に着き、これまで悩んでいたのがうそのように簡単に書けるようになります。
 本書ではこの「SOAP遊び」の具体的な方法、実例集や「SOAP遊び」を用いたワークの行い方などをご紹介します。

〔目次〕
第1章 SOAP遊び
1. SOAP遊びを学ぶ

(1) SOAP遊びって何?/(2) SOAP遊びのやり方/(3) SOAP遊びがなぜ有効なのか/(4) SOAP遊びを行なう上でのポイント
2. SOAP遊び実例集
(1) 例1/(2) 例2/(3) 例3/(4) 例4/(5) 例5/(6) 例6
第2章 SOAP遊びの学び方
1. 職場の仲間や友人と一緒に練習しよう!

(1) 個人的に練習する場合のやり方/(2) 薬局全体、会社全体で取り組む場合のやり方/(3) グループワークの実際
2. 実際のグループワークから
(1) 第1グループ/(2) 第2グループ/(3) 第3グループ/(4) 第4グループ

お申込みはこちらから


6.SOAPで薬歴を書こう!B5版、本文49ページ、定価1260円(税別)

目次に戻る


 この小冊子は、これまでのようにテーマごとに内容を解説したものではなく、薬局における業務を行うにあたって必要なことを、横断的に解説した「服薬ケア実践の手引き」シリーズの第一弾として企画いたしました、「SOAPで薬歴を書く」ためのテキストです。
 その主なテーマはPOSですが、「SOAPで薬歴を書くためには何をどのように学べばいいのだろう」という疑問にお応えすべく、解説をいたしました。したがって、他の書籍や冊子と内容的には同じ部分も当然含まれております。
 しかしすべて新たに書き下ろした文章ですので、これまでの書籍や小冊子で学んでいただいた方が、さらに学びを深め、実践に応用するためのテキストとして、最適なものになったのではないかなと考えています。
 薬歴の記載は、SOAPで書くのが事実上のスタンダードとなりつつあります。「薬歴をSOAPで書かなければ」あるいは「SOAPで書きたい」と思われている全国の薬剤師の皆様に、お役立ていただければ幸いです。
 この1冊でも一通り充分な解説はされておりますが、本格的にPOSを身に着けるためには、ぜひ、「POSを極める!」シリーズの冊子類とともにご活用ください。

〔目次〕
1. SOAPで薬歴を書くとはどういうことか

(1) SOAPは事実上の標準形式/(2) 頭の中をPOSにする/(3) POSは薬歴の書き方の決まりではない!
2. POS攻略はクラスタリングの理解から
(1) あらためてPOSとは/(2) クラスタリングとは何か/(3) クラスタリングによって得られる効果
3. POSはプロブレムリストを備える
(1) プロブレムリストとは/(2) プロブレムリストの実際
4. SOAP
(1) SOAP分析とは/(2) SOAPの実際/(3) SOAPの工夫/(4) SOAP分析の練習はSOAP遊びを!
5. POSとマネジメントサイクル
(1) POSの三要素
6. POSが成功するために
(1) プロブレムを欲張らない/(2) 症例検討会をやろう!/(3) 薬歴はその場で書く!/(4) 記録としての質を向上させよ!/(5) 徹底的な業務改善をする/(6) 断固として仕事のレベルアップをはかる!


7.新・服薬ケア概論エッセンシャルズA4版、本文89ページ、定価5,000円(税別)

目次に戻る

 この小冊子は、これまで服薬ケアセミナー「新・服薬ケア概論」を受講された方のみに、直接販売だけで頒布してきた冊子であり、服薬ケアの幻の虎の巻と言われてきた冊子です。この度、久しぶりに増刷するとともに、一般の皆様にも販売することになりました。
 「新・服薬ケア概論」は、服薬ケアの真髄を余すところなく語りつくした、全六講座のセミナーで、服薬ケアの考え方、その重要な理論がすべて含まれているものとなります。セミナー自体は、どの講座から受けても良いように、それぞれの単元をいくつかに分けて割り振ってありましたが、この冊子では、すべての単元を一つに合わせ、順番にまとめて読んでいけるように、まとめ直してあります。また、それに加えて、セミナーの中で口頭で必ず触れる部分を書き足して、服薬ケアを学ぶにあたって、必要なことはすべて盛り込んだテキストとなっております。
 服薬ケアとは何だろう。どこを押さえれば服薬ケアが身に付いたと言えるのだろう。それらのすべての答えが、このテキストの中にあります。
 実際に第1回の配本の時に購入された方は、仕事の中での悩みや問題が出たときに、常にこの冊子を開き、ボロボロになるまで読み尽くしていらっしゃる方もいます。それくらい、薬剤師人生のガイドとして役に立つテキストと言えるでしょう。
 セミナーをまだ受講されていない方にも販売は致しますが、受講されていない方は、必ず実際のセミナーをすべて受けていただきたいと思います。あなたの薬剤師人生をこのテキストで、ぜひ再構築してください。きっとこの冊子を知る前と知った後では、全く違う薬剤師人生が開けることと信じます。

〔目次〕
T.服薬ケア論

1.服薬ケアとは/2.アイデンティティの確立/3.服薬ケア理論に基づく基礎技術
U.仕事論
1.仕事の本質/2.天職(Calling)に巡り会う/3.夢を抱く/4.組織で行う仕事/5.責任を負う
V.医療論
1.現代医療の目的/2.薬剤師の医療/3.医療はサービス業/4.調剤報酬の意味
W.POS
1.POSの考え方/2.POSは行動原理である/3.POSの実践
X.患者応対
1.患者応対の基本/2.人の心と感情/3.基礎技術
Y.服薬ケア倫理
1.服薬ケア倫理とは何か/2.服薬ケア倫理全文
Z.薬剤師の未来を拓く
1.これからの時代を生き残る薬剤師とは/2.徳ある人となれ/3.薬剤師の未来に向けて

お申込みはこちらから


【お申込み】

○申込方法
・下記のフォームに必要事項をもれなく記入して送信してください。
・記入漏れ・記入間違いがあった場合、電話・メールによる連絡が取れなかった場合は、その時点で注文は取り消しとして扱います。記入漏れや間違いがないように十分ご注意ください。

○送料
・送料・手数料として、一回の申込に付き一律490円(税込)を申し受けます。
・メルマガ登録されている方で、登録ナンバーを記入していただいた方は、100円引き390円(税込)で承ります。書籍の申込と同時に登録されても送料割引で購入できます。皆様のご登録をお待ちしております。
・なお、ご登録いただいたアドレスにメールが届かない場合は、送料割引は適用外となります申込受付メールが届かなかった場合は、割引無しの490円で請求させていただきますので、ご了承ください。
・特に携帯メールでのお申込の場合は、メールが届かないことが多いです。携帯メールでの登録の場合は、必ず「@fukuyaku.com」からのメールを受信できるように設定してくださいメールが届かなければ送料割引無しの490円で請求させていただきます
・送料割引を利用された場合は、発送から3ヶ月間はメルマガの配信停止は出来ません。
※これまで20年間、送料・手数料を390円でお届けしてまいりましたが、配送料の値上げにより令和元年6月より送料・手数料を490円に改訂させていただきます。

○お支払い
・お支払いは後払いです。お届けする書籍に振込用紙を同封しますので、郵便局にてお支払いください。振込み手数料は当社が負担いたします。なお領収書は振込み受領証を持ってかえさせていただきます。

○消費税
・消費税は別途お預かりします。

 

お申込フォーム

ご希望の冊子に購入冊数を記入してください。
服薬ケアの基礎
薬剤師って何する人?
調剤過誤防止のために
新POSファーストガイド
SOAPで薬歴を書こう!
SOAP遊びをやってみよう! 在庫切れ
   「SOAPバーフェクト・トレーニング」をお求めください。
新・服薬ケア概論エッセンシャルズ
 
お名前、E-mail、勤務先施設名をご記入ください。
お名前:
e-mail: ※必ず半角英数で!
施設名:※忘れずにご記入ください
 
《メルマガ登録読者の方》
 登録ナンバーをご記入ください。
No.※半角で!
送り先が登録住所と同じ場合は、これ以下は入力する必要はありません。
一番下のsendボタンを押してください。
 
《メルマガ登録読者以外の方》
 これ以下もすべてもれなくご記入ください。
本の送り先はどちらになさいますか?
自宅 勤務先》←必ず選択してください!
※特に勤務先へ送付ご希望の場合は、施設名を忘れずにご記入ください
ご住所:
郵便番号: ※必ず半角で!
 
電話番号: ※必ず半角で!
fax番号: ※必ず半角で!   


 メルマガ配信の登録を希望しますか?
はい。いいえ  ※「はい」の方のみ送料100円引き
 
 ※恐れ入りますがメルマガ同時登録される方は次の項目も必ずご記入ください。
1.お名前をひらがな(全角)でご記入ください。
 
2.送付先がご自宅の場合でも、勤務先施設名をお書きください。
 
3.服薬ケア研究会(当研究所の岡村所長が会頭を務める非営利の別団体です)主催の勉強会のお知らせも同時に申し込めます。
  ※岡村先生の勉強会の多くは服薬ケア研究会主催で開催されています。
  ※服薬ケア研究会より「服薬ケア研究会メールニュース」が配信されます。
  ※服薬ケア研究会へは、当研究所が登録手続きを代行いたします。
服薬ケア研究会主催の勉強会のお知らせも希望しますか?
(選択が無い場合には、「希望する」として扱います)
     希望する 希望しない
 
4.プレゼントに当選された場合、登録番号、都道府県、お名前(フルネーム)をメルマガ上で発表いたします。あらかじめご了承下さい。もし都道府県やお名前を公表されたくない方は、「プレゼントの抽選に参加しない」をお選び下さい。プレゼント抽選に参加する権利を放棄することになりますが、都道府県やお名前が公表されることはありません。(選択が無い場合には、「参加」として扱います)
     プレゼントの抽選に参加する
    プレゼントの抽選には参加しない

5.携帯アドレスでの登録も可能です。携帯で受信する場合は、下記のを必ずチェックしてください。チェックがなければ、アドレスで判断します。
    携帯版のメルマガを希望する
    通常版(PC向け)を希望する

※なお、携帯メールで受信制限している場合は、必ず@fukuyaku.comを受信できるように設定してください。受付メールが届かずに返戻されてきた場合には、自動的に登録を解除します。その場合は冊子購入の送料割引も適用できません。

 あなたは次のうちどれにあたりますか?
1.薬局薬剤師
2.病院薬剤師
3.上記以外の薬剤師
4.薬剤師ではないが医療従事者(医師、看護婦、・・など)
5.薬剤師ではないが薬業界、医療業界関係者
6.薬剤師ではないが医療消費者の立場で興味がある
 
 上の質問で1.2以外の方は職業をお書きください。
職業
 
 何かコメントがありましたらお書きください。
  

ご注文ありがとうございました!

 

※セキュリティソフトを導入されている場合、送信ができないことがあります。その場合は同内容をメールに記入して、下記までお送りください。回避方法はこちらをごらんください。 

メールのあて先はこちら→[ ]です。

 書籍申込みについて

●お申込みいただいても、文字化けやメールそのものの行方不明などの不慮の事故により、書籍をお送りできないことがあります。その場合、こちらから連絡をとる手段もありませんので、再度連絡をいただけるまでお申込みを保留とさせていただきます。発送の前に必ず確認のメールを出しますので、注文確認メールが来なかった場合は、お手数ですが下記のMailtoよりお問合せください。

メールのあて先はこちら→[ ]です。

★★個人情報は法律に基づいて適切に管理しております。★★
★★法律の定める場合を除き、研究所からご本人へのご案★★
★★内以外に一切利用することはありません。       ★★

 

目次に戻る
服薬ケア研究所正面玄関へ戻る